検索とカウンター

  • Google検索

    myココログ内検索
    ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
  • 腎臓内科のカウンター

医学雑誌

  • NEJM
    ご存じ内科系雑誌の最高峰
  • A&R
    膠原病・リウマチ関係インパクト・ファクター第1位の雑誌
  • JASN
    腎臓関係インパクト・ファクター第1位の雑誌
  • KI
    腎臓関係インパクト・ファクター第2位の雑誌
  • AJKD
    腎臓関係インパクト・ファクター第3位の雑誌

南国の空と海

  • Ncgreen1
    南国の空と海です (フリーサイトからの転載;http://www.kabelink.com/)。

東北の秋

  • Photo_1
    東北の秋を下記のサイトから借用 http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/kyouken/WebLibrary/touhoku/index.html

福井の冬

  • Photo_4
    福井市のHPより転載しました。 表紙は養浩館です。

福井の春

  • Photo
    福井の桜です。 表紙は丸岡城の夜桜です。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

PH & Systemic sclerosis

Systemic sclerosisにおける肺高血圧症の診断に関する文献です。 Systemic sclerosisかSclerodermaかは内科か皮膚科かという議論でしょうか? リンク: Diagnosis of pulmonary arterial hypertension in a ...[Nat Clin Pract Rheumatol. 2008] - PubMed Result.

Phss

Febuxostat

高尿酸血症に対する新薬Febuxostatに関する動物実験でのデータです。Free accessの文献です。人でのデータはNEJM 2005;353:2450-2461.などで、ザイロリックより副作用が少なく、腎機能障害例でも使いやすい薬と思われますが、いつ本邦で発売になるのでしょうか? リンク: Treatment with the xanthine oxidase inhibitor febu...[Nephrol Dial Transplant. 2008] - PubMed Result.

「NDT2008_23_1179.pdf」をダウンロード

Acute pulmonary embolism

Acute Pulmonary Embolismの文献です。 最近福井内科懇話会であった症例は肺動静脈瘻があって奇異性の脳塞栓症の例でした。それにしても血栓症でd-dimerの測定が保険適応でないのはさびしい。アブストラクトがないので一部をpdfファイルで提供しました。 リンク: Acute pulmonary embolism. [N Engl J Med. 2008] - PubMed Result.

「acute_pulmonary_embolism.pdf」をダウンロード

Pe_nejm

2008年3月22日 (土)

Th17細胞と自己免疫

Th17細胞と自己免疫に関する文献です。アブストラクトがないのでConcluding remarksをPDFファイルにしました。 リンク: Th17 cells: a third subset of CD4+ T effector cell...[Nephrol Dial Transplant. 2008] - PubMed Result.

「th17_cells.pdf」をダウンロード

Th17

SSRIとワーファリン

SSRIとワーファリンの相互作用の文献です。能書にも書いてありますが知りませんでした。両者を投与する患者さんが増加してきています。 リンク: Increased bleeding risk with concurrent use of sel...[Arch Intern Med. 2008] - PubMed Result.

Ssri_warf

VEGF抑制剤と腎の血栓性微小血管障害

VEGF抑制剤と腎の血栓性微小血管障害の文献です。今後種々の生物学的製剤が医療の現場に登場して来た時その副作用の対応に追われるかも。 リンク: VEGF inhibition and renal thrombotic microangiopat...[N Engl J Med. 2008] - PubMed Result.

Vegf_ttp

2008年3月16日 (日)

透析患者の至適血圧

K/DOQIガイドラインなどによる透析患者さんの血圧コントロール基準に関する批判的文献です。我が国でも透析患者さんの血圧に関してガイドラインが必要なのでは? リンク: Achieving blood pressure targets during dialysis i...[Kidney Int. 2008] - PubMed Result.

Hd_ht

SLE関連軟部組織石灰化に対する血液幹細胞移植の効果

SLE関連軟部組織石灰化に対する血液幹細胞移植の効果に関する文献です。いわゆるCalciphylaxisは腎不全以外にSLEでもあるのですね。 リンク: Resolution of SLE-related soft-tissue calcificatio...[Nephrol Dial Transplant. 2008] - PubMed Result.

Sle_cp

APS-1&NALP5

多腺性自己免疫症候群 1 型と副甲状腺自己抗原 NALP5に対する自己抗体の文献です。NALP5 は、APS-1 患者の副甲状腺機能低下症に関与する組織特異的自己抗原であると考えられるという結論です。 リンク: Autoimmune polyendocrine syndrome type 1 and NALP5...[N Engl J Med. 2008] - PubMed Result.

Ai_hpt

2008年3月 9日 (日)

移植患者のAenavirus感染症

移植患者の致死的Aenavirus感染症の文献です。移植患者だけにおさまるものかどうか。 リンク: A new arenavirus in a cluster of fatal transplant-...[N Engl J Med. 2008] - PubMed Result.

Arenavirus

Ttuberculosisの診断

最新のTtuberculosisの診断です。Rv3879c抗原を用いたELISpot(PLUS)がポイントです。本邦ではBCG接種を行っているのでこの文献のようにツ反と併用し診断率を上げるのは難しいと思います。 リンク: Improved diagnostic evaluation of suspected tuberc...[Ann Intern Med. 2008] - PubMed Result.

Tbc_annim

e-GFR

本邦のe-GRFの式に大きな影響を与えた(Ann Intern Med 2006;145:247-254.)Andrew S. LeveyらのCysCとCrを用いたe-GFRの文献です。私はどう考えてもCrと年齢と性のみからのe-GFRの計算には無理があると思うのですが … 。ちなみに保険点数はCysCは130点、尿中アルブミン・Cr比は120点です。 リンク: Estimating GFR using serum cystatin c alone and in...[Am J Kidney Dis. 2008] - PubMed Result.

Egfr

2008年3月 2日 (日)

Pulmonary hypertension

遺伝的溶血性貧血(鎌状赤血球症、サラセミア)やHIV感染症で肺高血圧症が多いという文献です。 後者は今後本邦でも問題になってくるのでしょうか? リンク: Pulmonary hypertension: an increasingly recognized...[JAMA. 2008] - PubMed Result.

Ph_jama

anti-TNF to B cell & FDC_NW

関節リウマチ患者へのanti-TNF製剤の効果の詳細は分かっていないようです。新しい観点からの、この製剤の効果に関する文献です。 リンク: Cutting edge: anti-tumor necrosis factor therapy i...[J Immunol. 2008] - PubMed Result.

Ec_fdc

Cefepime in patients with renal failure

腎不全患者へのCefepime投与の危険性の文献でFDAも発売元の調査を要請しているとのことです。 以前HD患者さんで使用しましたが、大きな副作用はありませんでした。しかし効果?のため不採用としました。 Open accessの文献です。 リンク: The neurotoxicity and safety of treatment with cef...[Nephrol Dial Transplant. 2008] - PubMed Result.

「NDT2008_23_966.pdf」をダウンロード

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめの本

  • Silva's Diagnostic Renal Pathology
    Zhou D'Agatiらの腎病理の本です。残念ながらIgG4関連腎疾患はまだ記載されていません。
  • Recent Advances in IgA Nephropathy
    IgA腎症に関する新刊です。香港のKar Nengi Laiという人の編集で移植腎での再発IgA腎症(香港のBo先生)、掘田先生の扁摘パスル療法、順天堂大学の鈴木先生の実験モデルなど27の論文がまとまってあります。
  • Heptinstall's Pathology of the Kidney 6th Ed.
    Heptinstallの腎病理の最新版です(カラー版)。 画像は下記のD'Agatiらの成書の方がきれいだと思います。
  • Non-Neoplastic Kidney Diseases
    D'Agatiらの比較的新しい腎組織の本です。 ARP Press 2005.

最近のコメント

最近のトラックバック